ヨウスコウカワイルカが絶滅、人為では有史以来初

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070810-00000906-san-int

8月10日10時53分配信 産経新聞

 【ロンドン=木村正人】「長江の女神」ともいわれる希少種の中国・長江(揚子江)の淡水イルカ「ヨウスコウカワイルカ」について、日・中・米・英の研究者による調査チームがこのほど、英王立協会の生物学専門誌で「おそらく絶滅した」との見解を発表した。これまでも三峡ダム建設などによる環境破壊が指摘されてきたが、クジラやイルカの種が人間の営みが原因で絶滅したのは有史以来初めてという。
 調査チームは昨年11月から12月の6週間、同イルカが生息しているとみられる長江の水域延べ3500キロメートルを調査したが、生存を確認できなかった。メンバーの1人でロンドン動物学協会の生物学者、サミュエル・タービー氏は「ヨウスコウカワイルカは絶命した。こんなに希少でカリスマ性のある種を失うのは大変な悲劇だ」と語り、地球の環境保護の大切さを強調した。
 同氏によると、前回の調査は1997〜99年に行われ、13頭の生存が確認された。同イルカの捕獲例は02年が最後で、乱獲や環境汚染、保護活動の不十分さから絶滅が危惧(きぐ)されていた。


人間の営みで、絶滅していく動物。
考えさせれられるものがありますね。
個々人に影響力がなくとも、考えることから始めなければ、いつの時代か後悔することでしょう。
posted by とんた at 06:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 三峡ダム三峡ダム(さんきょうダム、サンシアダム、英語 Three Gorges Dam、中国語 三峡大?)は、中華人民共和国|中国・長江中流域の重慶直轄市から湖北省宜昌市一帯に建設中の大型ダムである。..
Weblog: 中国便覧
Tracked: 2007-10-14 08:55
Google登録  Yahoo!登録  MSN登録

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。